スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

仮面

先日、人の顔を見ると大体どんな人か分かるといった内容を書いた

書いた後に、いろいろと浮かんできたので追記しておきたいと思う

人には個性がある

とともに容姿が全く同じ人などいるはずがない

一歩譲って容姿が全く一緒でも、同じ時間に同じことを考え
全く同じ行動をとる人はいるはずがない。

それが人間である

大っきくまとめると生物である


他と違うのは当たり前である


それがアイデンティティー
(意味が間違ってたらすいませんなんかかっこいいから使ってみたかっただけです)

なのに人は何かと言えば個性個性といい

自分らしさを求めたがる

どんなにどうもがいてもその人はその人でしかない

昔の人も十人十色とはよく言ったものである

と考えていたところで1つ疑問が湧いてきた


本当にそうなのだろうか・・・

頭に浮かんだのは

みんな中身は一緒なのではないかということだ

いわば個性という名の仮面をかぶった
ただののっぺらぼうなのではないかと思うのだ

理解してもらいがたい表現だとは思う

しかし分かりやすく例えるとこうなのだ

それぞれがタイミングは違えどもいろんな感情を抱き行動を起こす

そのベーシックな部分は皆共通している

このベーシックな部分、それがsoulというものなのかと思う

そのsoulの構成はみんな一緒

だから本当は元を辿れば


十人一色


ということになる

と、今日の頭はこの答えで落ち着いた


今後どうなるのだろう・・・









スポンサーサイト
2010-09-15 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

tokuichi saito

Author:tokuichi saito
役者

「ひからびた肌」頃安祐良監督作品

「労働者階級の悪役」平波亘監督作品

「煙の薫」岡元雄作監督作品

twitter

カテゴリ

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。