スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

お礼

先日はテンダーシネマ vol.1にて

『ひからびた肌』無事上映終了しました

見に来て頂いた皆様

ありがとうございました

数日たち少々気持ちも落ち着いてきたのでこうやって書かせて頂いております

僕の芝居はまだまだかと思いますが

脚本、監督、スタッフ、他のキャストの皆様のお力のお陰で

好評も数多くお聞きしました

僕としてはあんな大きなスクリーンに映ったのは初めてのことで

とても嬉しかったです

その反面

まだまだ精進しなければと気が引き締まる思いの方が強かった上映でした

芝居を始めて約5年

東京に来て約3年

長いようで短いようで

成長している実感はありませんが

何もなかった自分が

こうやってスクリーンに映ることができていることを思うと

一歩一歩進んで行けば

目標は達成できるのだなと改めて思いました

何か大志を抱いて頑張っている方々

うまくいかないこともあるでしょう

けど、そこを乗り切ると少しずつでも進むことはできると思います

こんな人間もいるんだなと

何とか諦めないで頑張ってほしいと思います

何も諦めることが悪いこととは全然思いません

それも人生

しかし少しぐらい悪あがきをして生きてみるのも

なかなか楽しいものですよ

僕が無謀にも30直前にして役者の道を志した理由のひとつとしてあるのは

できないことはない

ということを証明したかったことです

人はいろんな理由

いろんな言い訳をして自分の尺度、ものさし、限界などを決めてしまいます

例えばそれこそ年齢とか

けれどもその限界を決めるのは何時だって自分なんです

今はその限界を簡単に決められてしまいます

それこそ今の日本の常識といいますか

一般論といいますか

そんなこと誰が決めたの?

という常識が山のようにあります

一度そんな常識自分の中でぶっ壊してみるといいと思います

結構楽しいですよ

文字通り楽になります

これはやりたい放題生きてというわけではなく

チャレンジしてみてほしいということです

勘違いして他人を悲しませるようなことを起こされても困りますので・・・

僕はそんなチャレンジをする人が少しずつ増えていけば

日本もまだまだ頑張っていけるのではと感じています

僕もやっとスタート地点に立てたというか

登山口についたのかなという感じで

これから頂上目指してまた一歩一歩進んでいきたいと思います

みなさんもお互い力まずに

励まし合って

のんびり景色でも見ながら

一歩ずつ行きましょう


あっ!

そういえば

先日監督と話した時に

『ひからびた肌』

近々またやるそうです

詳細決まりましたらまたアップさせて頂きます



それではまた

スポンサーサイト
2012-02-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム

プロフィール

tokuichi saito

Author:tokuichi saito
役者

「ひからびた肌」頃安祐良監督作品

「労働者階級の悪役」平波亘監督作品

「煙の薫」岡元雄作監督作品

twitter

カテゴリ

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。