スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

今日も退屈なバイトは続く

暇な時はやっぱ読書

最近また深夜特急を読み出した

というか3巻で止まってた

近くの古本屋に4巻がなかったのだ

アマゾンで買ってもよかったがそこで買うのが一番安くあがるので
こまめにチェックしていたが
なかなか入ってこなかった

そしてふと先日思い出したかのように古本屋に立ち寄ったら

あった

そして約半年ぶりくらいに僕の中で物語は再開した

しかし不思議なもので
その半年のブランクを感じさせることなく
すぐに僕は旅の世界に入っていった

沢木さんの文章はどんな紀行本よりもなにか生臭い匂いを感じる

僕も今から数年前に旅に出たことがある

沢木さんの本を読んでるとその時の自分の感情がフィードバックするというか

同じようなことを考え

同じようなことで悩み

同じような行動をとっていたなーと懐かしくなるのである

今思うとあの頃の僕はやはり若かったなーと感じる

何かいつも焦っていたような気がする

ぼーっとしている時間がもったいないというか
なにかしてなくては落ち着かないというか
周りのみんなが仕事をし、毎日懸命に働いているのに
遊んでばっかでいいのかなーなんて考えて
そう考え始めたらのんきに旅なんかしてられなくなってしまった

いまならもっと余裕を持って
旅すること自体を楽しめると思う

今すぐにでも旅に出たいものだと感じる

ま、今の方が焦らなくてはならない感じだが・・・

もし旅に出れるのなら

今度こそ世界一周してみたいものだ

死ぬまでにはいつかはきっと

してみせる

世界旅行

というか世界のどこかで人生の一時を過ごしてみたい
という願望は今でもある

いつかはハリウッドスターになって
一時期はあちらに住むだろう
渡辺謙のように・・・

いいだろう

夢を見るのは本人の自由だ

そういえば随分前から思ってたことがあるのだが

今回のこの深夜特急でその想いは確信へと変わった

やはり人生は

旅である



人生そのものが旅である


スポンサーサイト
2010-10-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

tokuichi saito

Author:tokuichi saito
役者

「ひからびた肌」頃安祐良監督作品

「労働者階級の悪役」平波亘監督作品

「煙の薫」岡元雄作監督作品

twitter

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。