スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

いじめ

最近頻繁にトップニュースになっている

以前も触れたかもしれないが

改めて想うところあるので伝えておきたい


僕は

いじめはなくならない

いわば生活の一部

人生の中で組み込まれているもののひとつ

だと思う

これはいじめを肯定してるわけでも

いじめられっこを否定してるわけでもないので

勘違いしないでほしい


いじめは

なくなるわけはないのだ

そんな状況だったら

今どうにかしてどうなることだったら

とっくの昔になくなっているし

文明だって進化してないし

人間だって存在しないし

生物すらも存在しないだろう

昔、母によく怒られた

”動物じゃないんだから”

人間は考えることが出来るんだからバカじゃないんだから

ちゃんとしろ

ということらしいが

昔からこの説教には疑問を感じる

人間だって立派な動物だし

そんなこと言ったら

逆に万物の動物に失礼である

動物だってしっかり頭脳や心は持っている

人間以上に

話はそれたが

生物に進化においていじめは必然で

いわば

生きること自体が弱肉強食である

きれいごとではなく事実として

だから学生時代いじめられた人は

多分社会に出てもいじめられるだろう

なぜかって多分いじめる人は

何処にだっているし

ターゲットとなる人はどこに行ってもターゲットとなりやすい人

それは変えられない

だから遅かれ早かれ悩み自ら命を絶ってしまうことも多くなってしまうだろう

これはデリケートな議題なので言葉には気をつけなければならない

とは思うがなるべくはっきり言っていきたい


生きることは生温くない


先ほど話に出てきた動物の方がもっとシビアだ

毎日が食うか食われるかの世界に生きている

逆に人はそこを見ないように

毎日が平和に過ごせるように求める

そこがそもそも無理がある

先ほども言ったが

弱肉強食である

僕は

戦争といじめはイコールと思っている

いじめがなくなれば戦争もなくなる

わかりますか

無理なんです

平和ぼけした日本

だからこんな問題が大きく取り扱われます


少し問題があるかもしれませんがはっきりいいます

いじめはなくなりません

けど、自分に向かういじめの矛先を向けさせなくすることは出来ます

簡単に言えばやり返すことです

方法はいろいろあります

いじめてる相手をいじめ返す

仲間を募って形勢逆転をするのもいいでしょう

こうなったら暴力もいいでしょう

ここで大事なのが限度をわきまえること

素手でが基本

駄目だったら棒でも何でも使いましょう

僕は何も喧嘩しろと言ってるのではありません

最終手段です

けど、もともと先にいじめという手を使って

手を出してきたのは相手です

そいつがちょっかいを出さなければ

事件は起こらなかったはずです

自信を持ってやり返しましょう

バカなのはいじめた方です

自業自得

また

いじめられないように自分が変わっていくのもいいでしょう

けど無理はしないで

あなたがあなたらしくしているのが一番なんだから

とにかく知恵を使って

自分の頭をフル回転して対策を練れば答えはあると思います

それが逆に生きる力になってくると思うんです

弱い者はなくなってしまいます

それはしょうがないことなんです

自分が生きたければ

強くなるしかないんです

そしてなれるんです


そして一番大切なのが

周りです

いじめはなくなることはないといいましたが

少なくすることは出来ます

いじめが発生した時に

それをつぶす周りの環境が大切です

それには何より

心が大切です

教育で大切なのが

その困っている人に手を差し伸べる人を育てること

だと思います


最近のニュースを見て思います

このままでは学校なんていかなくていいじゃん

って







2012-08-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

自由と勝手

はっきり言って



現代

全く面白くない

映画だって、テレビだって

その他のエンターテイメントだって

生活だって

昔の方が断然良かった

今ほど便利ではないけど

断然良かった

これはただ単に昔を懐かしみ

ノスタルジーに浸っているわけではない

現に

昭和を懐かしむ映画やTVも多い

昔は

ひとが生きていた

正確にいうと活きていた

今はどうだ

じゃなんでこうなったんだろう

僕は


自由じゃなくなったんだと思う

じゃ何でだろう?

それは

昔より規制や決まり、規則や法律などが増えてきたこと

それは時代が進むに連れて増えていくのは仕方がない

けど、今は

この決まりにがんじがらめにされてしまい

体だけでなく心までも

微動だにできない生活になってしまっているのではないだろうか

これはなんで?

それは僕が思うに


みんなが勝手になってしまったことに原因があると思う

自由と勝手をはき違えて

ひと、個人個人が勝手なことをし始めた結果

こんなんなってしまったのだろうと感じる

たとえばTV

限度を過ぎた演出をするプロデューサー

自分の意見だけを言い張る視聴者からのクレーム

面白さを生み出すグレーなゾーンをみんなでつぶしていってしまった

例えば犯罪

自分を抑えきれない犯罪者の勝手な行動

それに過剰なまでに反応してしまう一般市民

増え続ける法律

これじゃ普通の人が気軽に他人に話しかけでないじゃないか

ちょっと子供と話しただけで犯罪者になりかねない


こんな生活してて何が楽しい

生きていて楽しい部分をみんなでどんどん削っていってるみたいだ

そんながんじがらめな生活何が楽しい

これじゃ50年後にはみんなロボットと変わらない

なんでこんなにみんな勝手になっちゃったんだろう

僕が思うに

時代が過ぎていくと共に

どんどんみんな心が小さくなっていってしまったのだろうと思う

自由と勝手をはき違えて

みんな自由を求める気持ちはわかる

けど

自由とはただ単に好き勝手なこと言ったりやったりすることではない

と僕は思う

そのなかには

僕は必ず”心”というものが必要だと思う

そんだけのことを言ったりやったりするのは相当のとき

一生のうち何回か

ちゃんと心のある真意のあることを言ったりやったりして

初めて自由

だと思う



今の人達はただ勝手なだけだ


この意見に対して何か言ってくる人

別に悪いとはおもはないが

その人こそもう一度自由と勝手について考え直してほしい



多分そんな人がいちばん勝手な人だから



2012-08-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

帰省

ども

お久しぶりです

先日数日間実家仙台に

正確にいいますと名取に帰省しておりました

数年前まで名取と言いますと

何処?

みたいな感じでしたが

震災の影響ですっかり有名になってしまいました

久しぶりの実家は家族でゆっくりと過ごすことが出来ました

また

いろんな地元の友達にも会うことができ

とてもいい時間を過ごすことが出来ました

しかし

東京にいる時は思い出し

懐かしむ故郷も

やはり行ってみると何故か

此処が永住の地とは思うことが出来ません

不思議なものです

ま、それも僕の中に流れる何かなのだと感じています

故郷に帰るのにはもう1つ理由があります

僕は

何時の日からか墓参りが好きになりました

何故かは分りません

昔はそんなことは必要ないと思っていたのですが

行かなくても心で想っていればいいという人もいますが

何故か

今は行きたいなと思うんです

不思議なもんですね

ということで

数日過ごし

大都会東京に舞い戻ってまいりました

これからまた日常に戻ります

一日

一日を大切に

生きていこうと思います



あ、

そいえば

恥ずかしながら

先日

8月15日



入籍しました

2012-08-18 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

twitter

最近思うんだが

このツールを使っている人

何と言っていいか分らないが

ちょっと考えてほしい

ま、僕も使ってると言えば使ってるのだが

使っていないと言えば使っていない

だから言うのだが

自由

でいいと思う

しかしこのツールを生活の一部としてヘビーに使っている人にとっては

価値観がずれてきている

いっても

Twitterを使っている人なんて日本の中でみてもごく一部であり

使ってない人の方が多い

しかしヘビーユーザーの方々は

これで情報をほとんど処理してしまう

使ってない人

少し離れている人にとっては

何のことやらといった感じで

そりゃみてない方が悪いでしょ

みたいなことにもなる

僕の場合でいえば

出演映画の告知

など便利には使えるのだが

逆にtwitterに告知しないと何もしてないと思われなくもない

ヘビーのみなさん

twitterだけが全てではないのです

連絡などは電話やメールできちんとしましょう

使ってない人がほとんどです

そこんとこ

よろしくお願いします




なんてつぶやいてみた



2012-07-26 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

7月15日



いいんだか

悪いんだか

分りませんが

僕が今までに出た映画が

いろんな場所で

上映されることになりました

よりによって何で同じ日に・・・

上映作品は以下3つデス


「ひからびた肌」
水戸短編映像祭セレクション12′
(第14回準グランプリ 頃安祐良特集)
併映作品: マイ・サンシャイン、降霊

日時 : 7月15日(日)21:00~
場所 : 池袋シネマロサ


「労働者階級の悪役」
MOOSIC LAB

日時 : 7月15日(日)21:30~
場所 : 吉祥寺バウスシアター


「煙の薫」
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012
日時 : 7月15日(日)17:30~
場所 : SKIPシティ 多目的ホール


あいにく僕はこの日は予定ありで顔出せるかどうか微妙です

あーーー

どうしよ

ま、

頑張って顔出せるようにします

お時間ありましたら是非

それぞれの作品の詳細は

以前のブログに書いてますので参考にして下さい


よろすくです
2012-07-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

tokuichi saito

Author:tokuichi saito
役者

「ひからびた肌」頃安祐良監督作品

「労働者階級の悪役」平波亘監督作品

「煙の薫」岡元雄作監督作品

twitter

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。